読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QMblog's blog

レズビアン&ゲイライフをサポートするNPO法人アカーのWEBマガジン。編集部:「ふじべ・あらし」がお伝えしています。

9月の“ふみの日”に『切手博物館』で世界の切手の中を探索

S.I.P.(シップ)アーカイブ企画=LGBTQユース・プログラム

▼東京にある世界の切手博物館。そこにはどんな切手があるか?
レズビアン・ゲイ・同性愛っぽい切手ってあるの?
同性愛者の偉人が切手になってたりするの?!
…ということで、みんなで切手博物館へGo!

9月23日のS.I.P.は、『S.I.P.探索隊』と『メイキングプログラム』の二部構成でした。

今回の探索隊は「切手博物館へ行こう!」ということで、当日13時に目白駅に集合!

今回の参加者は、下はティーンエイジャーから、上は20代も折り返し地点に近くなってきたメンバー計9人で、晴天のなか、いざ「切手博物館」目指して出発!

道中は、初めて顔を合わせるメンバーの多い中、お互いの興味のある話などをして和気あいあいと歩いていたのですが、しばらくすると先頭を行くメンバーになにやら異変が!?なんと、駅前で地図をみて目的地の場所を確認したにもかかわらず、目的地とはてんで違う方向へ全員を誘導してしまったのでありました。
過ごしやすい陽気になってきた時期とはいえ、20分近く目的地とは違う方向へ皆さんを歩かせてしまったのはいたかったです(汗)。

みんな・・・・一発づつなぐっていーよ(汗汗)。。。


そんなハプニングに見回れながらも、無事「切手博物館」に到着。

アイスブレーカーで「だるまさんがころんだ」をしながら自己紹介をしてから入館しました。
この日は23日にちなみ「文(フミ)の日」、ということで入館料は無料。


f:id:QMblog:20120925212251j:image
館内を見学したあとは、各々でLGBTに関する切手や印象に残っていた切手を皆で紹介しあいました。

f:id:QMblog:20120925212634j:image

f:id:QMblog:20120925212552j:image

そのなかのひとつに、浜辺で水着姿の女の子ふたりが手をつないで歩いているものがありました。

f:id:QMblog:20120925212334j:image

f:id:QMblog:20120925212350j:image

3×4cm四方ほどの小さな画面のなかにも、つよいメッセージが描かれているということに感心してしまいました。


その後は、『メイキングプログラム』を行なうために、電車で移動。

f:id:QMblog:20120925212431j:image
後半のメイキングプログラムは手紙を書いて発表しあうというものでした。

f:id:QMblog:20120925212455j:image

f:id:QMblog:20120925212508j:image

手紙を送る相手は、「自分が想いを寄せている人」もしくは「同性が好きである自分」でした。
書いたあとは、2人一組になって手紙を読みあいました。

自分の書いた手紙を他の人に読んでもらうのって、こっ恥ずかしかったけど、新鮮でしたわ〜(笑)。

S.I.P.終了後も残っていた人たちと、恋話(コイバナ)で盛り上がっていました。

博物館から移動する電車のなかでも恋の話に花をさかせることができるのも、S.I.P.ならではの楽しみ方なのかなと思いました。

でもできることなら、普段から誰かとこういう話ができたらいいのになと、ふと思うときがあります。

そういう場所も自分で作っていける勇気と元気を、今回のS.I.P.に参加することで、少しもらえた感じがしました。

※(2008/9/23のユースプログラムS.I.P.〔シップ〕より)



●お知らせ

ユース・プログラム『S.I.P.(シップ)』に興味を持っていただきありがとうございます。
現在、『S.I.P.』はお休み中です。
『S.I.P.』 の活動のアーカイブ記事を読んで、ユースとして、LGBTQユース※の仲間と共に、新しくNPO法人アカー(OCCUR)の場でユースの活動を始めてみたい!と興味を持った皆さまからのご連絡をお待ちしております。

参加を希望する皆さまは、お名前・年齢・セクシュアリティ・メッセージを記載して、お気軽にoccur@kt.rim.or.jpまで連絡ください。当方よりメールにてお返事いたします。
皆さんからのメールお待ちしております!


NPO法人アカー(OCCUR)

※LGBTQ=レズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー、クエスチョニング=セクシュアリティ考え中、未決




にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 
面白い記事だったら1clickでQMblogを応援☆