読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QMblog's blog

レズビアン&ゲイライフをサポートするNPO法人アカーのWEBマガジン。編集部:「ふじべ・あらし」がお伝えしています。

山口市の日本公衆衛生学会に参加してきました。

先月10月の24日から26日まで山口県の山口市で行われた第71回日本公衆衛生学会に参加して参りました。


f:id:QMblog:20121117184450j:plain


当会の行っているNPOと行政のHIV対策における連携について、ポスター発表を1本、ミニシンポジウムでの発表を1本行いました。

  • NPO連携によるHIV対策に関する地方公共団体向けの質問票調査(口頭演題)
  • 地方公共団体とNPO連携によるHIV検査事業の効果評価(ポスター)


f:id:QMblog:20121117184337j:plain
学会は、山口市の市民会館や教育会館ほかいくつかの会場を使って行われました。

f:id:QMblog:20121117184437j:plain
山口駅には、お出迎えの看板が。

f:id:QMblog:20121118171226j:plain


「公衆衛生学」といえば、地域の健康に関わるさまざまなテーマや機関を包括するものすごく広い分野。日頃は、エイズの分野での活動が多い私たちですが、いつもとは違う業種・職種の方たちやテーマに接することができるこの学会は、とっても勉強になりました。


たとえば口頭演題での発表を行ったミニセッションは、『感染症対策の様々な取り組みと課題』というテーマでしたが、HIV/エイズだけでなく、結核、日本紅斑熱、緑膿菌、伝達性海綿状脳症などについての発表がなされていました。


各地の地方自治体へエイズ施策をきいた質問票調査について発表した私たちの発表に関しては、ミカンで有名な県の保険所の方から、地方だとHIV抗体検査で陽性がわかった方のプライバシーの問題がとっても大きい、といったコメントをいただきました。


また、地元、山口県の保健所の方から、地方だとなかなか特定の対象層にだけ特化した予算措置は難しいけど、このように自主的に活動しているNPO/NGOに対して応援したい、という激励のコメントをいただきました。



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ にほんブログ村 病気ブログ HIV・エイズへ
面白い記事だったら1clickでQMblogを応援☆