QMblog's blog

レズビアン&ゲイライフをサポートするNPO法人アカーのWEBマガジン。編集部:「ふじべ・あらし」がお伝えしています。

ニューヨークのレズビアン・クラブイベント

ニューヨークのレズビアン・クラブイベント


日付が12月20日から21日へと変わる頃、タイムズスクエア周辺の繁華街に点在するレズビアンのクラブイベントへと向かった。


Girlnation @ Nation

1つ目はGirlnation @ Nationというイベント。


f:id:QMblog:20090122225456j:image:h200
HPより

夜の早い時間帯に、LGBTコミュニティ・センター主催のダンス・パーティーに一緒に行っていたゲイのメンバーとは、クラブの前まで一緒に行ってそこで、わかれた。



女性の門衛さんは、しきりに「男性もウェルカムよ!」と誘ってきたけれど、私は中に一人で降りていった。



IDチェックにボディチェックを済ませ、会場へ。


受付で、料金を払い「住所を書け」と言われたけど、
黙っていたら「もういいよ」という感じで通してくれた。



その後、クロークで荷物を預け、
「いくらかかる?」か聞いたが、「かからない」と言われた。


が、その後またクロークの人が来て「3ドルだ」と言われたので払った。



フロアーに目を向けると、そこに集まっているのはブラックの女性が中心で、
かかっている音楽も民族音楽風(?)、エスニック風(?)で、私はあまり聞いたことのない種類の音楽だった。



会場はガラガラ。



かなりデカイ箱にだいたい30名くらい。。。



正直つまらない。



いや、グループで来ているブラックの女の子たちは、
仲間同士で楽しそうにしていたが、
イベントとしての楽しさって;という感じだった。


ので、Girlnation @ Nationには、少しだけいて、会場を後にした。



このままホテルに帰るか、それとも、
もう1件のレズビアンクラブイベントに行くか悩んだすえ、
地図を見ながら探してみて、もしたどり着けたら入ろうと決めた。



LOVERGIRLNYC


靴擦(ず)れを起こしていた足が、死にたいくらい痛かったが、
2件目のレズビアン・クラブ・イベントLOVERGIRLNYCに到着。


f:id:QMblog:20090122231514j:image:w100
LOVERGIRLNYCのHPより



LGBTセンターで入手したレズビアン向けフリーペーパーには、
もっと安い値段が記されていたのに、なぜか入場料を18ドルもとられた。



こちらは、入り口でのIDチェックだけで、すんなりと中に入れた。
そして、先ほどとは、うって変わってフロアーは人ごみでごった返していた。



箱はそれほど広くなく、普段は普通のバーとしても、使われている感じのところで、
客層は、白人の女性、そしてアジア系(韓国系や中国系?がほとんど、もちろん日本人は私だけだった)。


いくつかの点で、それまでいたGirlnation @ Nationの違いに、かなりびっくりした。


音楽は、東京のクラブでも、普通にかかっていそうな種類のノリのいい曲。


さっきと違って客は多いし、白人やアジア系ばかりで、
その日はブラックの女性はいなかった。



東京でいうなら、
二丁目のクラブ&バーARTY FARTY(アーティーファーティ)みたいなところ。


明らかにラリっている子もいたし、
なかなかどこのユースも変わらないなと思った。


年齢層も見た感じ20代中心で、
私と同じ位の歳からプラス・マイナス4歳以内という感じだった。


そのときには、ブーツの中の足がさらに痛くなっていたのと、
世界中どこでも、ある意味変わらないレズビアンたちの盛り上がり方と
雰囲気に疲れたので、ここも早々に出て、帰路についた。


●NYレズビアンクラブの3つの感想

  1. トイレがとても汚かった
  2. どちらもクラブも男性の同伴が「ウェルカム」だった
  3. 1件目(Girlnation @ Nation)と2件目(LOVERGIRLNYC)のいろんな意味での「差」がなぜなのか?とても×2気になった


f:id:QMblog:20090122235028j:image:w400

一晩で、3つのクラブ・イベント巡り。
手の甲には、3つの入場スタンプ。
そして、私の足を痛めた続けたブーツ。


(Mikako)



■関連記事:


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 
面白い記事だったら1clickでQMblogを応援☆




ニューヨーク食事日記 (第7日目)

MikakoのNY食事日記〜(第7日目)〜

●人生2度目の「本格・中華」で会食

  • 今日も、朝食はとらず、昼は国連の日本代表部と中華料理屋での会食だった。
  • こんなにフォーマルな中華料理屋に行ったのは人生で2回目。1回目は、横浜の中華街。人生2回目の本格中華は、廻るテーブル。魚が丸ごと。でかい海老。でかい椎茸(しいたけ)。スープ。焼きそば。どれもこれも旨い! しかーし! テーブルマナーが気になって、緊張;「中華料理はちょっと残さないといけないんだっけ?」 でも旨い。旨いものは食べないと。最後のデザートの杏仁豆腐が出てきた時には、もうケッコーお腹いっぱいだった。食った・食った(⌒∇⌒)

●NY最後の夜 韓国料理「Kunjip」


f:id:QMblog:20090131041503j:image

  • 旨いぃ。目の前で生肉が手際よく焼かれ、美味しそうな色になっていく。それをタレにつけて、野菜に巻いて食べる。キムチももやしも、にらも、名前が分からないけど美味しかった小皿に盛られたつまみの数々!肉! そして、「千切りきゅうり入りチャミスルー」。これはもう、いつまででも止まらずに食べられるでしょう。

f:id:QMblog:20090131042208j:image


  • しかし、Kunjipは、客の回転が異常に速い!(というか「回転」に客が巻き込まれている、というか)
  • Kunjipが、繁盛店だからなのか、その日がクリスマス・イブ(12月24日の夜)だったためか?
  • あっ、この文章を書いていたら、また「Kunjip」で食べたくなってきました。。。

f:id:QMblog:20090131042207j:image


●そしてcafe28

  • その後は、もう毎晩恒例となったカフェ28で「ビール」&「ビール」。最終日の夜ということもあり、いっぱい食べて、いっぱい飲んだ夜でした。

●番外編〜最終日(8日目)〜最後のサンド!!!

f:id:QMblog:20090131042753j:image

  • 朝食は空港でサンド!!! 最後のサンド!!! 名残惜しい。。。。旨かった。最後が一番旨かった。そう思うのは「最後」というプラスの味付けがされているからかな?
  • 帰りの機内では「チキンの照り焼き定食冷やしうどん付」を食べ。二食目は「パンとローストビーフサラダ」を食べた。(うろ覚え)
  • 以上Mikakoの「ニューヨーク食事日記」でした。


(Mikako/【終わり】)

ニューヨーク食事日記 (第6日目)

MikakoのNY食事日記〜(第6日目)〜

●メキシカン・フードの屋台

f:id:QMblog:20090131032831j:image

  • この日も、朝食はとらずに昼食!ということで、ニューヨークに到着した日から目をつけていたメキシカン屋台(車で販売している)で念願の「チキン炒め弁当」を購入。

f:id:QMblog:20090131033229j:image


f:id:QMblog:20090131034125j:image

  • チキンのお弁当は、本来、もっと美味しいんだろうなぁと思った。全力で「美味しー!」と思えなかったのは、私が渡されたのが「スプーン」ではなく「フォーク」だったから。フォークの間から、ぱらぱらしたご飯が落下し、なかなか刺すことができないレタスに、さらっとしたチキン。フォークでは食べにくい…。「スプーン」をくれ。心底思った。嗚呼、異文化に触れた瞬間。

●今夜もまた、

  • 夕食を求めて街に繰り出す。そして「ストーンウォールバー」でビールをガブガブ。

f:id:QMblog:20090131035009j:image

  • それから、24時30分頃、cafe28に寄ってから、ホテルで軽食して就寝。たとえ食事をとらなくても、気持ちが満たされていれば空腹を感じないときがある。楽しいと食べることも忘れるときがある。

(Mikako/【7日目を読む】)

ニューヨーク食事日記 (第5日目)

MikakoのNY食事日記〜(第5日目)〜

●朝はパンを詰め込む

  • 五日目の朝は他のメンバーからもらったパンを詰め込む。でも味わいながら出かける。近くのcafe28で購入して買い置きしてあったそれらのパンやマフィンは、普段、甘いものをあまり食べない私でも、食べやすくて、とっても美味しかった。

●昼食はファーストフードのピザ屋で

f:id:QMblog:20090131031115j:image

  • 私はカレー味のパイみたいなもの?を注文した。そのまま食べても、まずくはなかったけれど、周りにおいてある4種類くらいの調味料を好みでかけて食べた方が、やはり断然美味しかった。

f:id:QMblog:20090131031322j:image

●イタリアン・レストラン『Artepasta』

(2008年12月22日 20:00〜22:00)

f:id:QMblog:20090131032045j:image

  • イタリアン・レストラン『Artepasta』 で、ものすごーく美味しい「トマトとシーフードのパスタ」を食べた。文字通りシーフードがゴロゴロしている。そんな表現に偽り無し! ボリュームあり! 味完璧! 言うこと無し!

f:id:QMblog:20090131032226j:image

  • イタリアンなら日本でも食べられる。ありきたりな選択ではあるのだけれど、やはり量や味付け、値段はそれぞれの国でしか食べられないもの。きっと東京では同じ名前のパスタは食べれないだろうな。

●11:00PM cafe28で

  • イタリア料理の会食からホテルに戻る直前には、またcafe28で雑談&MT。ビールを飲みながらフルーツをつまんだ。cafe28にはフルーツもとっても豊富で、食べ方が分からないようなフルーツもあったりした。

(Mikako/【6日目を読む】

ニューヨーク・セックス博物館

ニューヨーク・セックス博物館 Museum of SEX NYC

12月24日、閉館間際、残り30分に滑り込みセーフで見学したセックス・ミュージアム(Museum of SEXでした。


ニューヨーク・マンハッタン5thアベニューに位置する性についての博物館です。
人間はもちろん、動物の性行為やロボットなどのイメージまでカバーしています。


f:id:QMblog:20090126232800j:image

時間がなかったのに加えて、すべて英語表示だったために「観る」というより
「歩き抜ける」という感じでしたが、ゆっくり時間があれば、とても面白い場所だったと思います。


英語が分からなくても絵や映像、写真、模型、標本などなど視覚で十分楽しめるからです。

f:id:QMblog:20090126233408j:image
f:id:QMblog:20090126233133j:image


日本(風??)のエロ・アニメーションが展示上映されていたり、
白雪姫が七人の小人にユビマンされていたり(笑)。


f:id:QMblog:20090126233232j:image


パロディも豊富、もちろん正確な情報も豊富。



18歳以上という「年齢制限」があるのですが、
もし子どもをつれて行っても、全く違和感がない場所だと感じました。



日本の「秘宝館」を比べたらセンスが清潔です。
比べない方が良いです。



ミュージアムの中で流れるBGMもそのフロアごとに変わっていて、
全体的には、興奮させることを目的した音楽というよりは、
「落ち着かせる」ような音を流していました。



1階にあるお土産コーナーも割りと充実していました。
異性間のセックスだけでなく、同性間セックスを楽しむためのグッズなどがあったのもNYならではでしょうか。

(Mikako)


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ 
面白い記事だったら1clickでQMblogを応援☆




ニューヨーク食事日記 (第4日目)

MikakoのNY食事日記〜(第4日目)〜

●コリアン・タウンで会食&インタビュー

(2008年12月21日 13:00〜15:30)
  • この日は、朝食を食べないで遅くまで寝ていた。
  • 13時から、在NYのゲイの韓国人活動家フソ・イさんへ、韓国のレズビアン・ユースにお話を伺うというインタビューの約束があったので、起きたらすぐに出発。
  • フソ・イさんと合流したら、即、韓国料理の「トッポギ」を食べに連れていってもらった。ここも同じコリアンタウンのレストランだったが、初日に行った「ハン・バット」とは趣も違い、かなり「ファーストフード」な感じだった。でもめちゃくちゃ美味しかった。「キムチ」に韓国の饅頭(Monjyu?)どれも、うまい。
  • その次に向かったのは、コリアン・タウンのカフェ。美味しい「コーヒー」にお腹いっぱいだけど、デザートの「菓子パン」。午後の一時(というか打ち合わせ)はこうでなくちゃ!(笑)

チベット料理「Tibetan Kitchen」

(2008年12月21日夜)

f:id:QMblog:20090131024639j:image


f:id:QMblog:20090131025941j:image

  • 夕食はチベット料理。「チベット料理」自体が初体験だったので、色々不安がありましたが、「美味しい」という感覚は、不安を笑顔に変える。「カレー」がとっても美味しくて、そう思った自分にふと気が付いた。「あっ、私、今、ちょっと米を食べたいと思っている」と。確かに機内食で「すき焼き定食」を食べたのを最後に3日間以上、一度もお米を口にしていなかった。いまだに不思議なのは、チベットのカレーが美味しかったからお米が欲しくなったのか? それともお米が欲しかったからカレーを美味しく感じたのか? いや、間違いなく前者ですね。あとワインも美味しかった! 料理に合う! 滞在中はそれなりに飲酒を控えていたんですが、美味しいのは美味しいですね。やはり。

(Mikako/【5日目を読む】

ニューヨーク食事日記 (第3日目)

MikakoのNY食事日記〜(第3日目)〜

●デリでブランチ

(2008年12月20日12:30)
  • クリストファー・ストリート近くのデリでブランチ。もちろん私は「サンド」を注文した。ここでびっくりしたのは「サンド」とお皿の間にポテトチップスが敷いてあったこと。しかも大量に。


f:id:QMblog:20090131021213j:image


●ディップとハーブティーで午後の一時

(2008年12月20日 12:30 15:00)
  • ニューヨークはブルックリン在住のレズビアンの縁故の方を訪ねる。彼女が振舞ってくれたお手製のディップとパン、それにハーブティーで午後の豊かなひとときを満喫。

●土曜の夜!

  • ブルックリンから帰宅したら、LGBTコミュニティ・センター主催のクリスマス・パーティーに外出。センターでは、ビールを飲んで、その後、メキシカンのファーストフード店でトロピカル・ジュースを飲んだ。
  • そしてそのまま何も食べないで、夜中はレズビアンのクラブイベントを2件はしごして、明け方にホテルに戻った。

(Mikako/【4日目を読む】

国連 日本政府代表部を表敬訪問しました

国際連合 日本政府代表部を訪問

<訪問日時>:2008年12月22日(月)12:00-13:00

f:id:QMblog:20081221114604j:image


世界人権宣言(UDHR)60周年にあたる2008年12月半ば。国連総会の場で、50を超える国々が支持を表明して、性的指向性自認に基づいた人権侵害の根絶を世界に呼びかけるステートメント(声明)が出されました。


NPO法人アカー(OCCUR)では、1986年の設立当初から、同性愛者の人権の向上のため、グローカルな視点に立ちつつ国内外で活動を行ってきたNGOとして、ステートメントに賛同する書簡を携(たず)えて、一路ニューヨークに飛びました。



2008年12月22日、声明文の文案作成のコアグループとして、フランス、オランダなどと共に声明文の作成をコーディネートした国際連合・日本政府代表部をニューヨークの国連本部に表敬訪問いたしました。

NY食事日記(2日目)

MikakoのNY食事日記〜(2日目)〜

●「ビーフサンド」@「cafe28」

(2008年12月19日の朝食 於:「cafe28」)

f:id:QMblog:20090131043204j:image

  • ニューヨークの「ビーフサンド」は、日本でいうところの「食パンに挟まれたサンドイッチ」ではない。インド料理に使うような「ナン」を使って挟んだサンドだった。そしてホット。パリパリでソースがジューシー! かなりの大きさがあったけれど、もう一個食べたいくらい美味しかった。今回のニューヨーク滞在で、私が一番好んで食べたものが「サンド」だった。

f:id:QMblog:20090131043647j:image

  • この日、朝の1個目から始まり、3食以上はサンドを食べた。ようは「ハマった」のだ。そして、帰国してからも、食生活がかなりパン食というか「サンド」生活になっていた(笑)
  • Mikakoがビーフサンドを最初に口にした、ホテル近くの「cafe28」平日朝の風景。

f:id:QMblog:20090128034916j:image



●イタリアン『PERONI NASTRO AZZURRO』

(2008年12月19日 21時〜)
  • この日、昼食を抜いたので、とても腹が減っていた。映画『Milk』を観る前の時間、偶然、近くにあったイタリアン・レストランに入った。メニューの記述を見落として、自信満々で具なしのピザを注文。そして「シメジのクリームパスタ」を注文。


f:id:QMblog:20090128040446j:image

  • ピザが、特大サイズだった。なので食べるもの一苦労だったけれども、具なしでも、とっても美味しかった。

f:id:QMblog:20090128040415j:image

  • ただ、ここで一抹の不安が…。「ピザがこのサイズなら、もしかしてパスタも…(汗)」。しかし不安は的中せず、パスタはいたって普通のでした。味も普通。

(Mikako/【3日目を読む】

NY食事日記

MikakoのNY食事日記〜(1日目)〜

●国際線(ANA)の機内食

f:id:QMblog:20090128031857j:image

  • NY食事日記がいきなり機内食で恐縮ですが。。。
  • 「すき焼き定食・冷やしうどん付」。量が多く、なかなか美味しかった。なぜかとても得した気分になった。

●韓国料理「ハン・バット」(Han Bat restaurant)

(2008年12月18日17:00〜)

f:id:QMblog:20090128224332j:image

  • NYに着いて最初の食事は韓国料理。コリアン・タウンにある「ハン・バット」にて。とりあえずガイドブックに載っていたので。巨大なユッケやこんがり焼けたスペアリブなどを注文。
  • そのとき飲んだセブンアップがめちゃくちゃ旨かった。久しぶりに食事中にジュースを飲んだ

●運命の出会い 「トカゲちゃんドリンク」と「ドラゴンドリンク」

(2008年12月18日)

f:id:QMblog:20090128224643j:image

  • 近くの雑貨店で、ホテルの部屋で飲む飲料水やちょっとしたお菓子を購入したときに“運命の出会い”が。それぞれ蜥蜴(とかげ)とドラゴンの絵がプリントされた飲み物を購入。ホテルに戻って飲んだ「トカゲちゃんドリンク」は、ケミカルな味がして、期待以上に(いやそもそも全然期待していなかったので)旨かった! びっくりした。

(Mikako/【2日目を読む】