QMblog's blog

レズビアン&ゲイライフをサポートするNPO法人アカーのWEBマガジン。編集部:「ふじべ・あらし」がお伝えしています。

【ライフヒストリー】智子×正和

クロスコメント〜正和さんから智子さんへ

10代、20代の頃のカムアウトをテーマにしたレズビアンの智子さんのライフヒストリー「くたくたプードル」]を読んで、ゲイの正和さんからのコメントです。 「くたくたプードル」(智子さん) < 1 2 3 > コメント:正和さん→智子さん カムアウトをするか否か…

くたくたプードル(3/3)

< 1 2 3 > 智子さん: 私はさんざんカムアウトをしてきた。 それは偽りのない私を知ったうえで付き合って欲しいから。 けれども、それはそんなに簡単に手に入れることはできないんだということが分かってきた。 カムアウトをしていくことで、自分というも…

くたくたプードル(2/3)

< 1 2 3 > 智子さん: そして、いざ(カムアウト)! という段階になると、なんだか意気込みだけが激しいので 「ふ〜ん。で?」 とか言われると心の中で「ズコーッ」という音がしてしまうのだ。 このタイプの人は結構多く、 今までカムアウトした人のうち…

くたくたプードル

同性愛者と気付いた頃を振り返って書いた智子さんと正和さんのさんのライフヒストリーシリーズ。 今回はレズビアンの智子さんに、「カミングアウト」について書いてもらいました。 あの頃をみつめてテーマ:「カミングアウト」ライフヒストリー(智子1回目)…

次回テーマは「カミング・アウト」

智子さんと正和さんによる、レズビアン&ゲイのライフヒストリー連載「あの頃をみつめて」。 次回テーマは「カミング・アウト」 です。 明日の夜、智子さんのレズビアン・ライフヒストリーから掲載します。お楽しみに〜。(※原稿は、『QM』誌2000年09月号に…

フラれ気分でロックンロール(3/4)

ゲイだと気づいた正和さんの「同性愛者の仲間に出会うまで」を書いたライフヒストリー3回目です。〔編集部:1995年当時、正和=22歳の頃です〕< 1 2 3 4 > 正和さん: 当時、ゲイマガジンは読んでいても、そこで紹介されている出会いの手段、文通欄もゲイバ…

フラれ気分でロックンロール(2/4)

ゲイだと気づいた正和さんの「同性愛者の仲間に出会うまで」を書いたライフヒストリー2回目です。< 1 2 3 4 > 正和さん: 【信一から送られてきた記事】と一緒に同封されていた手紙には、要約すると「(同性愛についての雑誌記事を)読んでショックを受け…

フラれ気分でロックンロール

同性愛者と気付いた頃を振り返って書いた智子さんと正和さんのさんのライフヒストリーシリーズ。【前回までの智子さん編】に続いて、今回は、ゲイの正和さんに、「どのようにして同性愛者の仲間に出会ったのか」を書いてもらいました。「フラれ気分でロック…

蜘蛛の糸(4/4)

レズビアンと気づいた智子さんが、どのようにして「同性愛者である仲間が集まるグループ(アカー)」を知ったのか?を書いたライフヒストリーの完結編です。< 1 2 3 4 > 智子さん: 図書館で『ゲイリポート』を借りたおかげで、レズビアン向けの電話相談が…

蜘蛛の糸(3/4)

レズビアンだと気づいた智子さんが、どのようにして「同性愛者である仲間が集まるグループ(アカー)」を知ったのか?を書いてもらったライフヒストリー3回目です。< 1 2 3 4 > 智子さん: 短大の頃、図書館司書の実習で書架整理をしていた時のことだ〔199…

蜘蛛の糸(2/4)

レズビアンだと気づいた智子さんが、どのようにして「同性愛者である仲間が集まるグループ(アカー)」を知ったのか?を書いてもらったライフヒストリー2回目です。< 1 2 3 4 > 智子さん: しばらくして『NONFIX』(ノンフィックス)という深夜番組(フジ…

蜘蛛の糸

同性愛者と気付いた頃を振り返って書いた智子さんのライフヒストリーシリーズ。今回は、智子さんの「同性愛者の仲間に出会うまで」を書いてもらった「蜘蛛の糸」の1回目です。 智子さん: あの頃をみつめてテーマ:「どのようにして同性愛者の仲間に出会った…

次回テーマは「アカーを知ったきっかけ」

「アカーを知ったきっかけ」〜ライフヒストリー次回テーマ〜 智子と正和によるレズビアン&ゲイのライフヒストリー連載「あの頃をみつめて」。前回テーマ【家族との関係】に続いて、次回のテーマはアカーを知ったきっかけ です。 同性愛者たちをサポートする…

クロスコメント〜智子さん→正和さん

10代、20代の頃の血縁家族との関係をテーマにしたゲイの正和さんのライフヒストリー「一番近くて遠い人たちのこと」に対しての、智子さんからのクロスコメントです。 1 2 3 4 <正和さんから智子さんへのクロスコメントを読む 正和さんへクロスコメント 家族…

クロスコメント〜正和さん→智子さん

10代、20代の頃の血縁家族との関係をテーマにしたレズビアンの智子さんのライフヒストリー「綱渡り」に対しての、ゲイの正和からのクロスコメントです。 1 2 3 4 ゲイマガジンを家族から隠しながらヒヤヒヤしていたのは、私も同じような経験だなと思いました…

綱渡り(4/4)〜家族の関係について〜

10代、20代の頃の血縁家族との関係をテーマにしたレズビアンの智子さんのライフヒストリー4回目です。 < 1 2 3 4 > レズビアンと気づいたばかりの頃の、家族との関係についての思い出を振り返ってきて言えること。それは、自らの力が無い、レズビアンだと…

綱渡り(3/4)〜家族の関係について〜

10代、20代の頃の血縁家族との関係をテーマにしたレズビアンの智子さんのライフヒストリー。3回目です。 < 1 2 3 4 > 好きな女性歌手のポスターを部屋じゅうに貼って、全部、母親に剥がされても、“やましさ”から何も言えなかった。 そんな中高生の頃から数…

綱渡り(2/4)〜家族の関係について〜

10代、20代の頃の血縁家族との関係をテーマにしたレズビアンの智子さんのライフヒストリー。2回目です。 < 1 2 3 4 > 当時ある女優(斉藤由貴)に、相当入れ込んでいた。 その入れ込み具合に自分でも疑問を感じながらも、そのことはとりあえず棚上げしてお…

綱渡り

―――レズビアンと気付いた頃の「家族との関係」をテーマにした智子さんのライフヒストリー「綱渡り」を4回に分けて掲載します。【前回までの正和さん(一番近くて遠い人たちのこと)】に続いて、智子さんの第1回目です。 あの頃をみつめてテーマ:「家族との…

一番近くて遠い人たちのこと(4/4)

10代、20代の頃の親との関係についての正和さんのライフヒストリー4回目です。 < 1 2 3 4 > 実家を出てから14、5年経つ。 まだ4、5年の頃は、家族のことを思うことが、どんどん少なくなっていった(最近は、また考える機会が増えているけれど)。 「家族」…

一番近くて遠い人たちのこと(3/4)

10代、20代の頃の親との関係についての正和さんのライフヒストリー3回目です。 < 1 2 3 4 > 当時の自分の家族との関係を、今あらためて振り返ってみる。 「家族」とは、ある意味とても便利なものだったと思う。 経済的な利害は一致しているし、両親や姉た…

一番近くて遠い人たちのこと(2/4)

10代、20代の頃の親との関係についての正和さんのライフヒストリー2回目です。 < 1 2 3 4 > 母親は、最近では、【親の集まり】にも2年連続で参加しているが、私が20代前半の頃は、まだ母にゲイだということを言っていなかった。 その頃、帰省した時などに…

一番近くて遠い人たちのこと

―――ゲイと気付いた頃の「家族との関係」をテーマにした正和さんのライフヒストリー1回目です。 あの頃をみつめてテーマ:「家族とのこと」ライフヒストリー(正和1回目) 家族との関係を振り返ってみると、一応は「良好」だったように思う。 けれども、改め…

次回テーマは「家族との関係」

家族との関係〜ライフヒストリー次回テーマ〜 智子と正和によるレズビアン&ゲイのライフヒストリー連載「あの頃をみつめて」。前回テーマ、(学生の頃、同性愛者と気づいたばかりの頃の)【「ノンケ」との接し方】に続いて、次回のテーマは(孤立していた時…

「まわりの視線と自分の振るまい」へのクロスコメント(智子)

「まわりの視線と自分の振るまい」へのクロスコメント〜智子さんから正和さんへ 今日は、正和さんのライフヒストリー『まわりの視線と自分の振るまい』を読んで智子さんからのクロスコメントです。 ●まわりの視線と自分の振るまい(正和) <前へ 1 2 3 4 中…

「まわりの視線と自分の振るまい」(4/4)

「まわりの視線と自分の振るまい」(4/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、正和さんさんのライフヒストリーの完結回です。 ●まわりの視線と自分の振るまい(正和) <前へ 1 2 3 4 次へ(クロスコメント)> 自分はい…

「まわりの視線と自分の振るまい」(3/4)

「まわりの視線と自分の振るまい」(3/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、正和さんさんのライフヒストリーの3回目です。 ●まわりの視線と自分の振るまい(正和) <前へ 1 2 3 4 次へ> 専門学校時代は授業が立て込ん…

まわりの視線と自分の振るまい(2/4)

「まわりの視線と自分の振るまい」(2/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、正和さんさんのライフヒストリーの2回目です。 ●まわりの視線と自分の振るまい(正和) <前へ 1 2 3 4 次へ> 中学生の時、好きだった子は、…

まわりの視線と自分の振るまい

あの頃をみつめて「まわりの視線と自分の振るまい」ライフヒストリー(正和1回目)―――学生の頃、ゲイと気づいたばかりの頃の「ノンケ」との接し方。今回の正和さんのライフヒストリーのテーマです。 学生の頃は、「ホモネタ」など、周りが同性愛を差別的にど…

「網の目くぐり」へのクロスコメント(正和)

「網の目くぐり」へのクロスコメント〜正和さんから智子さんへ 「どんな異性が好き?」という、異性愛者からのある意味、無邪気な質問の交わし方、について智子さんのライフヒストリーが昨日で完結しました。今日は、「網の目くぐり」を読んでの正和さんから…

「網の目くぐり」(4/4)

「網の目くぐり」(4/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、智子さんさんのライフヒストリーの第4回。(3回目は【こちら】から) 「好みのタイプ」を聞く質問にすら居心地が悪かった分、 同じ同性愛者たちと「好みのタイプ…

網の目くぐり(3/4)

「網の目くぐり」(3/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、智子さんさんのライフヒストリーの3回目です。(2回目は【こちら】から) そのうち「好きな異性のタイプは?」という質問に、辻褄を合わせるためだけに、 固定の…

網の目くぐり(2/4)

「網の目くぐり」(2/4) ―――「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方?)をテーマにした、智子さんさんのライフヒストリーの2回目です。 「どんな異性が好きなの?」という、ノンケの同級生の何気ない質問に、 まあいいかと思える男性の俳優の名前を…

網の目くぐり

―――「ノンケ」との接し方をテーマにしての智子さんのライフヒストリー1回目です。 あの頃をみつめて テーマ:「ノンケ」との接し方(あるいは、はぐらかし方) ライフヒストリー(智子1回目) レズビアンとカムアウトしていない異性愛者の人から、「どういっ…

ライフヒストリー次回のテーマは

ライフヒストリー次回のテーマは 智子と正和によるレズビアン&ゲイのライフヒストリー「あの頃をみつめて」。次回のテーマは(孤立していた時期の)ノンケとの付き合い方(あるいは、はぐらかし方) です。 誰にも、同性愛者であることを伝えていない。自分…

ハイスクール・ララバイ〜クロスコメント

正和さんから智子さんへのクロスコメント(正和) スクールデイズをテーマにした正和さん×智子さんのライフヒストリー。正和さんの「ハイスクール・ララバイ」を読んでの智子さんからのクロスコメント(その1)です(Arashi)。 それでも、授業中に「サトシ…

秘密の花園〜智子さんへクロスコメント

正和さんから智子さんへのクロスコメント(正和) スクールデイズをテーマにした正和さん×智子さんのライフヒストリー。智子さんの「秘密の花園」を読んでの正和さんからのクロスコメント(その1)をどうぞ(Arashi)。 2年に進学して、紫帆とは、めでたく同…

秘密の花園(6/6)

紫帆を執拗(しつよう)に追いかけるめぐみに、私は、 「めぐみは、私と同じレズビアンなのかもしれない」 という気持ちを抱いた。 あのとき、めぐみの悩みを親身になって聞く「いい人」を演じるのではなく、もっと違う応対をめぐみにしていたら?もしかした…

秘密の花園(5/6)

「めぐみ」のことで、紫帆の相談に乗っているうちに、次に紫帆が言い出したのは「同じ仲良しグループの玲子のが気になる」ということだった。「気になる」というこの表現、今の視点から見ると、どういうものかは、かなり怪しい。 そうなんだけれども、当時の…

秘密の花園(4/6)

めぐみからの相談に、「いい人」ぶって応対した私は、 なんだか分からないが、巧く(うま)いったような勘違いをしていた。 ●秘密の花園(智子) <前へ 1 2 3 4 5 6 次へ>―――智子、紫帆、めぐみは同じ高校の仲良しグループ。実は、智子は、紫帆に対して「…

ハイスクール・ララバイ

学校から駅までの帰宅途中、信一と、公園の中を横切っていた時のことだ。 信一が突然、公園にあった工事用の赤いポールを両手で揺さぶって 「ウ〜。」という声をあげた。 ―――ゲイと気付いた頃のスクールデイズをテーマにした正和さんのライフヒストリー最終…

ハイスクール・ララバイ(5/6)

10代後半に通っていたその学校へは、同じ出身中学からも、何人か入学していた。 その中にサトシと自分がいたわけだけれど、その他に信一というヤツがいた。 ―――ゲイと気付いた頃のスクールデイズをテーマにした正和さんのライフヒストリー5回目です。 ●ハイ…

ハイスクール・ララバイ(4/6)

3年生までは、サトシとの関係も特に変化なく過ぎて行った。 けれど、18歳にもなった頃から、サトシとの距離がしだいに開いていくようになった。ついにサトシは、部活を辞めてしまった。 結局、自分からサトシにカムアウトして振られてしまうという、という…

秘密の花園(3/6)

高校3年になった。またまためでたく、私は片思いの相手の紫帆と同じクラスになれた。私は、何かに感謝したい気持ちでいっぱいだった。 ●秘密の花園(智子) <前へ 1 2 3 4 5 6 次へ>―――学校生活をテーマにした智子さんさんのレズビアン・ライフヒストリー…

秘密の花園(2/6)

―――学校生活をテーマにした、智子さんさんのライフヒストリーの2回目です。(Arashi)。 秘密の花園(2/6)〜「スクールデイズ」(智子) 2年に進学して、紫帆とは、めでたく同じクラスになった。 以前よりさらに仲も良くなって満足だったけど、ひとつだけ気…

秘密の花園

―――「スクールデイズ」をテーマにしてのレズビアン&ゲイのライフヒストリー。正和さんの【ハイスクール・ララバイ】も3回目まで話が進んでいますが、智子さんさんのライフヒストリーも今日からスタートです。女学生だけの女子高は、レズビアンにとっては、…

ハイスクール・ララバイ(3/6)

―――サトシとは別のクラスになってしまったけど、なんとか部活動では、同じ部活動に所属することができた正和。だけど…。 ゲイと気付いた頃の学園生活(スクールデイズ)をテーマにした正和さんのライフヒストリー3回目です。 ●ハイスクール・ララバイ(正和…

ハイスクール・ララバイ(2/6)

サトシとは別のクラスになってしまったけど、放課後の部活動ではしっかり同じ部に所属した。 というより、サトシが何部に入ろうか悩んでいるところを、無理やり誘って、同じ部に入部させたのだったが。部活中は、あまり話はできないけれど、サトシと同じ部屋…

ハイスクール・ララバイ

―――レズビアン、ゲイと気付いた頃の「スクールデイズ」をテーマにしての正和さんのライフヒストリー1回目です。(Arashi)。 あの頃をみつめて テーマ:「スクールデイズ」 ライフヒストリー(正和1回目) 無事、受験も終わり専門学校に入学できた。けれど、…

スクールデイズ。

智子と正和によるレズビアン&ゲイのライフヒストリー「あの頃をみつめて」。次回のテーマ発表はスクールデイズ です。 学校以外の社会をほとんど持たない、多くのティーンエイジャーにとって、好むと好まざるとにかかわらず、学校とは、人生に、とてつもな…