読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

QMblog's blog

レズビアン&ゲイライフをサポートするNPO法人アカーのWEBマガジン。編集部:「ふじべ・あらし」がお伝えしています。

ゲイバーでのワークショップについて国際エイズ会議で発表

国際エイズ会議に参加することの意義とは、国内で私たちが行ってきたエイズ/HIVの分野での仕事や経験について発表するチャンスを得ることで、他の国で同じようにゲイや同性愛者に向けたHIV/エイズの活動に従事する皆さんとの意見交換やネットワーキングがで…

エイズ風刺マンガ展

ユーモアと笑いを通してHIV/エイズを見なしてみようというマンガ展INTERNATIONAL CARTOON EXHIBITIONが、アジア・太平洋地域エイズ国際会議(ICAAP)期間中、会議場(BICC)の2階の展示ホールにて開催されていました。 Amorim (Brazil) 「ユーモアだけが感…

バリ島の猫

猫好きとしては、旅先で訪れた場所で、生活する地元猫の姿を無意識に探してしまいます。 エイズ会議で滞在したバリ島は、ヌサドゥア地区にあるバリ国際会議場BICCの隣の茂みで発見した猫。やっぱり暑いところの猫は痩身でした。 そして、耳がピンとしていま…

コンドーム・ドール

会議場のロビー前に立っていたコンドーム・ドール。 コンドームのドレスを着ています。 ある意味、不気味です。 ■関連記事: 「孤絶」(国際エイズ会議inメキシコシティでみつけたエイズ・アート) カテゴリー「【アジア太平洋エイズ会議】バリ2009」の記事…

バリ会議のお土産

5日間に及んだインドネシア・バリ島でのアジア地域のエイズ会議(ICAAP)も、本日の閉会式をもって無事閉幕しました。今晩23時ごろの飛行機で東京に向けて帰ります。 エイズ会議でのことは、参加のメインの目的のひとつだった、アカーのHIV/エイズ活動につい…

そこは何やら異空間! Asia Pacific Village

会議場(BICC)に入ってすぐ左手に見えるのが“Asia Pacific Village”(訳すと「アジア太平洋村」?)竹で作られた門をくぐると、何やらそこだけ異空間。 会議場で、いろいろな国のアクセントで語られる英語で報告される、エイズ/HIVのさまざまテーマについての…

バリICAAPから“ラマ ッシアン!!”

インドネシアのバリ島に8月7日に到着して、順調にアジア地域の国際エイズ会議(ICAAP)に参加する日々が続いています。昨日の14時15分から予定されていた口頭演題の発表も無事に終わったので、バリ島から挨拶代わりにQMに投稿です。 有数のリゾートエリアに…

インドネシアのバリ島で第9回アジア・太平洋地域エイズ国際会議

インドネシアのバリ島で2009年8月9日(日)〜13日(木)「第9回アジア・太平洋地域エイズ国際会議」(9thICAAP)が開催されます。 当会(NPO法人アカー)からもスタッフを派遣します。8月11日には、ゲイに向けたHIV/エイズ予防活動やケア活動をしているア…